商品紹介 ITEMS

当たり前にネット通販で洋服が買える時代。

なかなか出歩けない現状だからこそ、より手軽に自宅に商品が届くシステムは魅力的だ。
しかし、だからこそ問いたい。「その洋服は、あなたのための一着だと心から思えますか?」と。

西東京市、西武池袋線のひばりヶ丘駅からほど近く。
谷戸商店街の通りの一角に、セレクトショップ「HANA」はある。
「たまたま良い物件があったので、この場所に決めたんですよ」
この場所でお店をオープンしたきっかけを尋ねると、店主の森田さんは屈託もなく答えてくれた。

ここ谷戸商店街周辺は、昔から住み続けている人と、駅近くには大型マンションが立ち並び新たに移り住んだ人、新旧さまざまな住民が融合しているという。
1月に訪れたので、店内にはタートルネックのニットから、品良く巻かれたストールなど温かそうな衣類がセンス良く並んでいた。

「すぐ隣に学習塾があるので、子どもを迎えに来た子育て中のお母さんや、子育てが終わって悠々自適に自分の時間を過ごしている方まで、さまざまな女性のお客さまが足を運んでくださいます」

特にコロナ禍において、リモートワークが増え、よりリラックスして着られる服の需要が増しているそう。商品はすべて、年に一度森田さんがロサンゼルに赴き、直接仕入れているとのこと。セレクトする際に一番重要視しているのは「人とかぶらない」こと。

「日本人って、“みんなと同じ”が好きじゃないですか。私は誰かと一緒は嫌なので(笑)、お店の商品は全部一点物です。素材の質感、お客さまの体型、細かいところまでお好みを伺ってその方に一番似合うと思う商品をおすすめしています」

そして洋服だけでなく、もはや体の一部になった“マスク”も、コーディネートの一環として合ったものを選ぶ必要がある、と森田さん。色違いで「ニコちゃんマーク」のデザインがあしらわれたマスクはお店のオリジナル、さらに色とりどりの柄で作られたマスクは、お店のお客さまが手づくりされているそう。

「素敵なマスクをしているお客さまがいらっしゃったので、聞いてみたんです。お店で置かないかと提案したら、あれよあれよという間に種類も増えて(笑)」

行動的な森田さんの投げかけによって実現した企画は、何よりお客さま自身が“自分の作ったものを売っている”という満足感につながり、たまたま作ったお客さまがお店に居合わせた際に目の前で売れている様子を見た日は「嬉しくて眠れない」ほど興奮したとのこと。

自分らしさを探せるお店として、ドキッとする体験と自分を輝かせるお手伝いがしたいと語る森田さんの顔は、笑顔で溢れていた。

マスク

ニコちゃんマスク 各1,400円
手作りマスク 1,200円〜

お問い合わせ・ご購入はこちら ご購入の流れは店舗詳細ページにてご確認ください

写真©Suzuki Jouji

お取り扱い店舗・ご購入について

セレクトショップ HANA

営業時間:10:00〜18:30 定休日:月曜

店舗詳細
ご購入の流れは店舗詳細ページにてご確認ください

SPECIAL関連する特集

NEW
おかえりとただいまが交わる谷戸商店街が目指す「街ごと家族」 多摩エリアならではの厳選した商品にストーリーという付加価値を載せて紹介する「BALL.DEPARTMENT」は、ペアリーロ...